私がキャバ嬢になったきっかけは短大時代就職活動が上手く行かず親と喧嘩し翌日キャバの面接を受けたら、即採用という流れからでした。

もともとお酒やみんなでワイワイ騒ぎ賑やかな場所が好きでした。今まではお金を払って飲みに行っていたのに、キャバ嬢になるとお酒をタダで飲んで場を盛り上げてお給料をいただく事ができます。

お給料も普通に就職するよりも高額です。同伴ではお客様と楽しくお話をしながら美味しいお食事をいただく事が出来ます。

お店では華やかなドレスに身を包み髪をセットしてもらい、お姫様気分でワクワクします。
キャバドレスというとお高いイメージがありますが、ドレスラインなどのキャバドレス通販サイトで購入すると普通の私服より安く質の良いドレスが買えます。ドレスはモチベーションアップのためやお客様を飽きさせないために大事なので必要な投資と割り切って定期的に購入していました。

またお客様の年齢層も幅広く会社の経営者様も多くいらっしゃり色々なお話を聞く事もでき、接客マナー、言葉遣いなど様々なスキルを得る事が出来ます。

キャバ嬢と聞くと水商売、派手、お金使いが荒い、キャバ嬢をやめた後の就職が難しいと考えるかもしれませんが実はその逆。

私の同僚達はお昼は働いている女の子もいたので、みんな言葉遣いも綺麗でその同僚達から接客マナーや丁寧な言葉遣いを教わったりしました。

プライベートでも同僚と仲良く、キャバ嬢プライベートの話をするとみんな生活も派手ではなく、貯金していたり、たまに一緒に温泉旅行に行ったり。普段は食事も質素。

昼間は一見見た目は服装も地味なのでキャバ嬢に見えません。彼氏がいる人は半数。いない人も半数。みんな彼はいないと言っていますが。殆どはワンルームマンションに1人暮らし。

生活は一般的なOLと変わりはありません。私は何年かキャバ嬢として勤めましたが年齢的にも限度があったので辞めました。

それからもキャバ嬢で良い所が発揮です。その後、一部上場企業で金融業営業職(正社員)の面接に挑みました。結果は採用。後で理由を聞いたら印象が明るく面接した上司や、私を見た同僚の意見が一致し採用したとの事。

キャバ嬢する前は面接落ちまくっていたのにキャバ嬢でスキルアップした様でであっさりと就職出来ました。

私の担当は経営者様に融資をする営業でした。職種は変わってもお客様はキャバ嬢と同じ層の会社経営者の方なのでスタンスは変わらずです。

営業成績もキャバ嬢のトークスキルを駆使し順調でした。また追加融資が難しく支店全体が対応に困っているお客様がいるとの事でお客様のお名前を確認したら、キャバ嬢時代の私のお客様。

周りは融資は無理だと言っていましたが、私が接客をしたらお客様から直ぐに高額の融資の承諾を得る事が出来ました。

皆からは営業力が凄いと褒められました。キャバ嬢の事は秘密にしていましたが。キャバ嬢を経験すると相手の心理を読む、接客術、振る舞い、言葉遣いなどの様々なスキルを得る事ができます。

そこで培ったスキルは必ず将来役に立ちます。また普段なら話す事もない会社経営者様、議員の先生方などと話す機会も増えるので様々な貴重なお話を聞く事もできます。キャバ嬢で得た経験は営業職に限らず様々な業種で役立つ思います。

因みにキャバ嬢をしていた他の同僚も一部上場会社に勤務していたり、お店のお客様と結婚しセレブ妻になっていたり皆幸せに暮らしています。

関連記事

仏壇営業マンが思った事

コールセンターは仕事の負担が大きくなく、特に子育てのをする女性には働きやすい職場