私はコールセンターで5年間働いた経験があります。

コールセンターの良いところは、一種の接客業でありながら人と対面することないため、服装や髪形が自由なところです。

人と対面する接客業は髪の毛の色や爪、化粧の仕方まで細かく言われて、お辞儀の仕方まで細かく指導されます。その上に正しい言葉遣いを身につける必要があります。しかし、コールセンターであれば正しい言葉遣いを身につければ何とかなります。

また仕事内容に関しては、基本的な仕事内容だけ覚えておけば大丈夫です。

お客様から込み入った質問をされたとき、お客様と対面する仕事であればカンニングペーパーを見ることは難しいですが、コールセンターだとお客様からの込み入った質問の時、電話を保留にして少し待ってもらい、カンニングペーパーを見ながら案内をすることができます。

またお客様が次々にやって来ることがないので、電話をかけてくるお客様にはお待たせすることになってしまいますが、電話応対が終わった後の処理を自分のペースでやることができるので、後処理がたくさんたまって最後に分からなくなってしまう、という危険性がありません。

そしてコールセンターの仕事は、とにかく電話応対をするということが中心なので、営業やシステム開発のように新たなものを開発していくと言うより、電話の業務をこなして基本的に1日の仕事を次の日に引きずらないという点で精神的に楽です。

そしてコールセンターは時間通りに仕事が終えやすいというのも良いところです。コールセンターの営業時間が長いところもありますが、その場合でもシフト制の勤務になっているので時間通り仕事を終えることができます。

また子供を持つ女性に働きやすい働きやすいのもコールセンターの魅力です。実際、私は子供が二人いて保育園の関係で土日が休みの仕事が希望でした。

土日が休みというと事務職と言ったイメージがありますが、今まで事務職の経験がないため何社か応募しようとしましたが、経験者優遇のところが多くうまくいきませんでした。

子供ができる前は接客業をしていたため、その経験を生かせられる仕事ということでハローワークでコールセンターを紹介されました。

コールセンターの種類を選べば、土日の休みの仕事が見つかる可能性が高いし、コールセンターだと営業時間が終われば時間きっちりに帰りことができ、保育園のお迎えにも間に合います。

また子供が急な発熱などで仕事を休んだり早退したりしないといけない時、コールセンターであれば一人欠員が出たとしても何とか業務がこなせます。

コールセンターの仕事と聞くと、電話ばかりでストレスたまると思われがちですが、特に子供のいる女性にとっては働きやすい職場です。

関連記事

仏壇営業マンが思った事

キャバ嬢は自分自身のスキルアップができ、得たスキルは永遠に利用でき先々に生かせます。